私たちのまなざし

経営の基本理念 自分に厳しく、いのちに優しい会社 医療提供機関として地域医療の一翼を担い、安心、安全をお届けする企業。

経営のビジョン

  • 医薬に関わる総合的なサービスの提供を通し、地域医療の一翼を担う企業を目指す。
  • 環境変化に即応できる強固な企業体質をつくる。
  • 社員がやりがいを持って働ける職場作りを推進し、社会から信頼を得られる企業を目指す。

「いのちに優しいまなざし」を持つ企業として その精度をもっと上げたい。

ページの先頭に戻る

さくら薬局門司店

私たちトータル・メディカルサービスは生命と健康に関わる企業として、北部九州を中心に「さくら薬局」のブランドで運営する調剤薬局事業と「さくら本舗」のブランドで商品をお届けする健康食品事業そして、病院内の売店などを運営するメディカルサポート事業と、その成長の歩みを進めてきました。企業を評価するとき、資本金や売上高、店舗数などが基準になりますが、私たちはその規模を誇ることを追い求めてきたわけではありません。私たちが、目指してきたもの。それは「いのちに優しいまなざし」を持つ企業。確かに成長というものさしをあてれば、トータル・メディカルサービスは良い企業だと言うことになります。
しかしいま、経済の変動だけでなく、それを動かす企業への評価基準も変わり、企業の存在価値そのものが問われていると、私たちは認識しています。だからこそ、それを持ち続けることが、トータル・メディカルサービスの存在価値だと理解しています。私たちのまなざしとは、言い換えれば、正確な調剤業務、安全な商品提供、徹底した品質マネジメント、そして質の高いサービス。私たちのまなざしは多岐にわたっていますが、その一つひとつを実行し継続することが、患者様やお客様への優しいまなざしにつながると確信しています。私たちだからこそ持ち続けることができる「いのちに優しいまなざし」。いま、その精度をさらに上げるために、社員一人ひとりが「じぶんに厳しいまなざし」を持ちながら、新しい仕事を始めています。

トータル・メディカルサービス組織図

ページの先頭に戻る

トータルメディカルグループ 九州医療食株式会社